鹿沼探索

GW、子供が学校の日、夫婦水入らずで行動できる唯一の日。
以前から計画していた鹿沼へ蕎麦を食べに行って来ました。

ところがお目当てのお店は臨時休業。祝日の翌日なので嫌な予感はしたものの・・。




あてもなく鹿沼市内を流すことにし、交差点を曲がろうとした瞬間、
反対方向に文石庵さんの看板が目に入る。急遽反対方向へ引き返す。




しかしこちらも本日終了の札が・・。
ついてないなあ、とガイドブックを調べ直したところ、
開店30分前!もしかして準備中?



「ちょっと当たってくる」そう言って扉のなかに消える家内。
戻ってくるなり「OKだって。いこいこ。」
こと食べ物に関しては超人的な交渉力を発揮する頼もしい奴。
いきなり口開け客となってしまいました。




お店の中は田舎の、長閑な佇まい。バスケットボールが飾ってある。
席を選び、すぐにお茶が。「韃靼そば茶だ。旨いね。」





私の好きな『そばもん』も全巻揃っております。
さてメニューや壁の貼り紙を見ていると、妙に水そばを推している。
では、と注文しようとすると、
「水そばは量が少ないんだ。味は同じ蕎麦だから十割にしたら?」
とオバちゃん。深く考えず、じゃあそれでと言ってしまう。
「良いの?後悔しないでね。」と家内。

ほどなくして家内の選んだWニラそば。ニラが乗っている上に蕎麦にも練り込んであるそうで。
蕎麦の緑が綺麗。味見したところ喉越しも良く、美味しく感じる。




さすが、鹿沼はニラそばなのか。おこわや卵焼きも美味しそう。
そして私の十割蕎麦が到着。見た目は良い感じです。



持ち上げて食べてみると、太さはかなりバラつきありですね。
でも美味しい十割だと思います。



先程から気になっていた岩塩をまぶしてみた。
不思議と蕎麦本来の甘みが強くなった気がして、かなり旨い。



スイカに塩まぶすと甘さが強くなる、あれと同じ原理だろうか?

残念ながらこちらの辛汁はしょっぱさだけが強く、旨味がない。
鰹節の風味も弱く、ひたすらしょっぱい。蕎麦が完全に負けてしまう。
今から思うと、GWだから手を抜いたのかも??



蕎麦湯は、口開けだけに流石に薄いが、これはこれ、実に美味しい。

普通なら蕎麦汁から蕎麦湯を注いだ後に鰹の風味がブワーッと広がる愉しみが、
こちらでは全く無いのが残念無念。




開店前にお邪魔してスイマセン。意外と美味しかったです。
やっぱ水そばにすれば良かったなあ。



そして車を鹿沼市内へ。途中気になる蕎麦屋さんを幾つか発見。
その中で「まちの駅 鹿沼」にある大越路を発見。
ここも気になっていたが、本店は確か煙草臭いと評判だったので
行くことは無いだろうと勝手に思っていたところでした。



折角なのでもりそばを一枚、食べることに。
既にお腹はいっぱいなので、こちらのニラそばはまた後の機会で。


結構平べったい麺でした。汁も、先程よりは甘め、というかこちらはかなり薄い。


持ち上げ易いなあ、蕎麦の風味は弱いものの、喉越しは良いです。


ご馳走様でした。鹿沼の蕎麦は、地元の方の評判通り、結構美味しかったです。
スポンサーサイト



プロフィール

nabeji

Author:nabeji
お店の蕎麦ばかりじゃなくてスイマセン
ここは蕎麦打ちの記録がメインです
素人なのでのんびりやってます

色々幅を持たすため今後は、
お題に『ぷらす』します

最新記事
食べログ
オジさんでも出来るブログはこちらから入ってね!どうぞ~
おすすめ蕎麦コミック
そばもん(18)

そばもん(18)
著者:山本おさむ
価格:648円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
お勧め蕎麦関連
つれづれ蕎麦

つれづれ蕎麦
著者:yuka
価格:1,470円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る